去年1年間に国内で出荷された「ガラケー」の台数が、7年ぶりに前の年を上回った。

 当然ともいえる。

 民間の調査会社「MM総研」によると、去年1年間に国内で出荷された「ガラケー」の台数はおよそ1058万台で、前の年と比べて5.7%増えた。

 調査会社では、スマホの料金が高いと感じている人や通話やメールなど最低限の機能があれば十分だと考える人が多いためだと分析しています。

スマホからガラケーに戻して1年を越えるが、なんら不便はない。
それと、成熟社会を生きるための「しないこと」リストにあげているためである。